現代の散骨の特徴と費用について

main-img

昨今では遺骨をお墓に埋葬しないで、海や山に撒く散骨を亡くなる前から希望する人が増加傾向にあります。



江戸時代の「近世」から戦前の「近代」までは土葬から火葬にふしてお墓に埋葬し、故人の子孫たちが墓参りなどをして先祖代々のお墓を「守る」ということが一般的な慣習となっていました。

あなたの探していたYOMIURI ONLINEを知りたいならご活用ください。

しかし、価値観の多様化や進む核家族化、埋葬料が高いとう経済的な理由などにより、お墓を「守る」後継者がいなくなってしまったり、残された家族に負担を掛けたくないという考えから「現代」では散骨も葬送の選択肢の一つとされるようになってきました。「現代」の散骨はご遺骨を細かく粉砕して海に撒くのが一般的で、山や陸地の場合は人の住む地域ですから、トラブルの原因となるケースが多いので、墓地内での「樹木葬」以外は避けた方が良いでしょう。

但し、海ならばどこでもよいという訳ではありません。

例えば、魚の養殖場や陸地に近い場所では漁業組合とトラブルになりかねませんから、専門の葬儀社に依頼した方が無難です。



この場合の費用は、5万〜10万円ほどで専用の船のチャーター代や埋葬のグレードなどで費用が異なります、ハワイの海での埋葬で60万円掛かったという例もあります。


散骨は、お墓の購入に比べ料金が安いことやお墓を「守る」人の心配は要りませんから維持や管理の必要もないというメリットがある反面、ご遺骨が残らないため手を合わせる場所がない、海への散骨は天候に左右されやすいといったデメリットもあります。
こういった特徴を十分理解してお決めになることをお勧めします。


納得の情報

subpage01

日本では火葬した後にお墓に遺骨を納める埋葬方法が主流です。古来からその時代に合ったお墓に埋葬される方法が受け継がれてきましたが、少し前から散骨を望む人も増えてきました。...

more

サポート情報

subpage02

散骨とは火葬した後に粉末状にし、それを海や空、山にそのまま撒く方法です。自然に還るという考えのもとにある葬法で、その中でも海に撒く方法が人気を高めています。...

more

行事の事柄

subpage03

終活の一環として、前もって自分の遺骨の取り扱い方を選んでおきたいという人も少なくありません。こういったときには、自分の気持ちをエンディングノートに、ちゃんと書き残しておくことが非常に重要になります。...

more

詳しく知りたいなら

subpage04

近頃の日本では、お墓を維持していくことや、継承していくことが難しくなってきています。核家族化や、少子化、単身者の増加による影響を受けて無縁墓が増えてきているのが実情となります。...

more