散骨の方法と内容について

subpage01

散骨とは火葬した後に粉末状にし、それを海や空、山にそのまま撒く方法です。
自然に還るという考えのもとにある葬法で、その中でも海に撒く方法が人気を高めています。
少子化の現代、代々お墓を維持していくのが困難になっている現状があります。


継承者問題を解決できる方法として注目されているということにあります。



また墓石を建てたお墓はとても高額であるということもありますが、この方法はその時の費用のみで済むというメリットがあります。


更に大海原という大自然の一部として自分が自然に還る、そして静かにゆっくりと永遠の眠りにつきたいというロマンチックで壮大な夢を叶えられる方法でもあるのです。

子孫にとっても海は常に存在し、どこにいても見守ってもらっているという安心感が得られるという良さがあることで近年希望する方が増えているのです。
その方法としては3つの方法があります。
それは、家族や親族だけで行う個人散骨、他のご家族と乗り合わせて行う合同散骨、専門スタッフが代理で行う代行散骨です。

ロケットニュース24の最新情報を見つけよう。

故人が生前に希望していた形や遺族が望む形を海洋葬を取り扱う会社と相談の上、日程を決めて海へ向かいます。
遺骨と一緒にお花を海に投げ入れることもできます。

そして、海に眠る故人を偲んで、散骨ポイントを再び訪れるクルーズなどもあります。



いわゆるお墓参りのような意味合いを持ち、故人に対しての思いや願いを伝える良い機会となります。
大自然の一部として、命の終わり方として最も自然な還り方であると言えるこの葬法は今後益々の人気が高まるはずです。