散骨の需要が高まっている理由

subpage01

日本では火葬した後にお墓に遺骨を納める埋葬方法が主流です。古来からその時代に合ったお墓に埋葬される方法が受け継がれてきましたが、少し前から散骨を望む人も増えてきました。


その理由のひとつとして、現代人に適した埋葬方法のひとつだということが挙げられます。



散骨はその名の通り遺骨を土や海などに撒くことを言います。もちろん遺骨を撒くことができる場所と出来ない場所があり、少しの制約はありますが自分の好きな場所を選ぶことができます。


例えば思い出の地や憧れの地、大好きな海や山、自然に囲まれた場所など様々な場所が選択肢としてあります。

NAVERまとめについてお答えします。

一般的なお墓であれば後継者や手入れをする人が必要となります。

専門の業者に委託して管理を依頼することも出来ますが、費用がかかってしまいます。


また、お墓を建てるところから始める必要がある場合は土地代や墓石代も必要となります。


そういった手間やお金がかからず、最小限の費用で好きな場所で眠りにつけるということが散骨のメリットだと言えます。


現在の埋葬に関する問題には、忙しい現代人はお墓の管理をする暇がないというものや故人が進んだ医療技術を受けることで亡くなるまでに随分とお金がかかってしまいお墓にかけるお金がないといったものが多いです。
散骨を選択すれば、そのどちらも解決することができます。


しかし、なかにはお墓に埋葬することが大切だと考える人もいますので、自分の散骨を希望する場合は家族と相談してみんなが納得できる答えを出すことが必要です。