終活の一環として検討される散骨

subpage01

終活の一環として、前もって自分の遺骨の取り扱い方を選んでおきたいという人も少なくありません。


こういったときには、自分の気持ちをエンディングノートに、ちゃんと書き残しておくことが非常に重要になります。



近頃増えている遺骨の取り扱い方として、自然葬が挙げられます。

エキサイトニュースの情報を公開しています。

日本でこれまで行われてきた墓石を建てる葬送の方法とは異なり、遺骨を大自然に還したり、墓標に人工的な物を使わないものが自然葬になります。



海洋葬や、樹木葬は、自然葬の代表的なもので、お墓ではなく山や、海などに遺骨を還すことによって、大自然の中に回帰するという葬送の方法にあります。

樹木葬では、遺骨を埋葬するためには埋葬許可証を用意する必要があります。

埋葬する場所は、大まかに分類すると霊園や、墓地などで提供していることが多い公園型と、山間部の一部を利用して大自然と共存している里山型があります。


自然に還るという目的を果たす意味合いでは里山型を選んだ方がイメージに近い可能性があります。
そして、故人それぞれに樹木を植えるときには樹木の種類を選ぶことができる場合があります。

海洋葬については、大まかに分類すると個人海洋葬という方法と、合同海洋葬、海洋葬を承る葬儀社に遺骨を預けて散骨してもらう代行海洋葬があります。

個人海洋葬は、船をチャーターして散骨する方法になります。合同海洋葬は、同時に幾つかの遺族のグループが船に一緒に乗船して散骨をする方法となります。